メラニン色素を「シミ」に変えないスキンケア方法は?

メラニン色素を「シミ爆弾」に変えないために

メラニン細胞は、メラニン細胞刺激ホルモンによる刺激ばかりでなく、外から加えられた刺激によっても、体を守るためにメラニン色素を出します。もっとも有名な外からの刺激は、「
紫外線」です。

メラニン細胞は、紫外線による刺激を受けるとメラニン色素を作り、細胞の外へ放出します。いったんメラニン細胞から放りだされたメラニン色素は、その後、胚芽細胞の中に取り込ま
れ、胚芽細胞とともにターンオーバーによって表皮の上の方へだんだん押し上げられていきます。これが、紫外線を浴びると肌が黒くなるメカニズムです。

ですから、メラニン細胞刺激ホルモンの分泌を抑えるための運動も、紫外線のあたらない室内で行うことが必須条件となります。メラニン細胞を刺激するものは、ほかにもいろいろあり
ます。化粧品に含まれている成分のなかにも、メラニン細胞を刺激するものがあるようです。

肌をきれいにみせるために使っている化粧品によって、実は肌が黒くなっているという可能性もないとはいえません。化粧品に頼り過ぎるのは考えものです。こうしたメラニン色素の合
成を抑える働きのある物質として、ビタミンCが知られています。

「ビタミンCの美白効果」は以前からよく知られていますが、実際、ビタミンCにはメラニン細胞のメラニン合成反応を抑える働きがあります。

スポンサーリンク

できてしまったシミもすぐ消える?

さらにメラニン細胞に関して忘れてはいけないのは、紫外線やそのほかの化学物質の刺激によって、メラニン細胞の遺伝子にキズがつき、シミ爆弾にスイッチが入った状態となることで
す。その結果、シミ爆弾となったメラニン細胞は無秩序にメラニン色素を放出して、シミ・ソバカスをつくったり、細胞をガン化させるような変化を起こします。

このシミ爆弾のスイッチをオフにして、メラニン細胞の暴走をしずめる物質として、医薬用として皮膚科で利用されている「ハイドロキノン」や「コウジ酸」があります。ハイドロキノ
ンやコウジ酸を調合した塗り薬には、すでにできてしまったシミやソバカスを消す効果もあります。シミやソバカスで深刻に悩んでいる人は、皮膚科で相談してみるといいでしょう。

ところで、一般に市販されている化粧品の中に「ハイドロキノン配合」「コウジ酸配合」とうたったものもあるようですが、これらはもともと医薬用の物質なので、市販品に同濃度の成
分が含まれているとは、ちょっと考えにくいと思います。

メラニン細胞の突然変異を予防する働きのある物質として「ウラシル」という核酸もよく知られています。このウラシルを多く含むものに、ヒトプラセンタがあります。

プラセンタの成分として、牛のプラセンタも有効に作用しますが、狂牛病などの影響から日本での発売は禁止されました。現在では、人間の胎盤から抽出したヒトプラセンタを使った化粧品の開発も検討されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。