泡立つ洗顔料が肌の乾燥を招く

モコモコの泡をネットでつくる洗顔の仕方がすっかり定着しました。泡立ちのよさで洗顔料を選んでいる方も多いと思いますが、実は、たっぷりのモコモコ泡で洗顔することが、肌の負担になっているケースも少なくありません。

楽に泡立てられる洗顔料には、泡をつくりやすくするために、より多くの洗浄成分や洗浄力の強い成分が配合されています。乾燥肌の方が、こういった皮脂を落とす力の強い処方の洗顔料で大量の泡をつくり、毎日しっかり洗い続けるとどうなるでしょう。

もともと少ない肌の潤い成分がはぎとられ、かさつきがどんどん進行し、肌の調子が悪くなってしまいます。オイリー肌の方の場合も注意が必要です。

「泡立ちのいい洗顔料で、しっかり洗おう」と意気込んでも、それが油分の含まれたしっとりタイプの洗顔料であれば、ニキビのなどの肌トラブルを悪化させてしまう恐れがあります。

「たっぷり泡で、しっかり洗う」という耳当たりのいい言葉に惑わされず、洗顔の際には洗顔料の「質」を見極め、自分に合ったものを使うことが大切です。

洗顔料には、洗顔フォームと洗顔石けんがありますが、ここではより洗浄力の高い洗顔石けんについて考えてみましょう。

洗顔石けんは見た目が透明なものと不透明なものに分けられます。透明な石けんには保湿成分がたっぷり含まれ、水分配合量も28%以下と高めです。

大量生産に向かない「枠練り」という製法でつくられることが多いため、価格は少し高めですが、肌の乾燥を防ぎたいならこちらがよいでしょう。

一方、大量生産されていて安価な不透明タイプは、機械練りでつくられていることが多い石けん。洗浄成分が多く、水分配合率16%以下と低いので、ニキビ予防やオイリー肌のお手入れ向きといえます。肌質にあった適度な量の泡で洗顔すれば、肌トラブルはぐんと少なくなります。

また、成分も注意していきましょう。合成界面活性剤があまり入っていないものを選びましょう。界面活性剤は洗顔料の泡立ちを良くしたり、洗浄力をアップさせてくれるものです。

界面活性剤には、天然のものと合成のものがあり、合成は刺激があるのであまり入っていない方がいいです。全く入っていないか、配合率が低い洗顔料を選ぶといいでしょう。

さらに、スクラブやサリチル酸入りに注意しましょう。泡立ちが悪かったり、刺激を与えるような洗顔料は論外ですが、スクラブやサリチル酸が入った洗顔料にも注意しましょう。

スクラブが入っていれば、汚れがちゃんと落ちてニキビ予防できるように思いますが、スクラブで肌を刺激することで、バリア層を薄くして乾燥をまねきます。


サリチル酸は、ピーリング効果があるのでニキビ治療薬にも使われることがありますが、効果が強力で肌に刺激を与えすぎるのでNGです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。