背中ニキビ「ルフィーナ」クリームの口コミ!良かった悪かった?

背中ニキビ専用で開発された「ルフィーナ」薬用クリームの効果は?

背中のニキビはなかなか治りずらく、そして治ったと思ったらまた繰り返す、背中のニキビは正しい知識と正しい方法でケアしなければ、治りづらいニキビです。

間違った対策をしてしまうと、炎症してニキビが赤くなってしまったり、ニキビ跡が残ってしまったり、最悪、色素沈着やシミになってしまったりしますので注意しなければなりません

背中ニキビの原因は、みなさんもすでにご存じの方も多いでしょうが、簡単に言えば、毛穴の詰まりによって、ニキビが発生してしまいます。

本来であれば、4~6週間かけて、ターンオーバー(新陳代謝)を繰り返して、分泌された皮脂は毛包を通って、皮脂表面に開いた毛穴から排出させ、皮膚は健康な状態を維持していま
すが、毛穴が塞がれてしまうと、排出することができずに炎症を起こしてしまいニキビが発生してしまうのです。

では、何がこの毛穴を塞いでしまうのでしょうか?

原因は、乾燥や洗いすぎなどによって角質層に隙間ができてしまい「バリア機能」が低下してしまいます。その結果、内部の水分が蒸発してさらに乾燥してしまい硬くなってしまった古い角質が毛穴をふさいでしまいます。

すると皮脂がうまく分泌されず溜まりやすくなったり、角質層の隙間から刺激物質が簡単に侵入してしまい背中ニキビの原因となってしまうわけです。

そこで、この2つの問題、乾燥させないようにするための「保湿」と刺激物質の侵入を防ぐ「バリア機能の強化」をしっかりとケアできるようにと開発されたのが「背中ニキビクリーム、ルフィーナ」という薬用クリームなのです。

では、「ルフィーナ背中ニキビ用薬用クリーム」を塗っていればすぐに治るのか?というとそうではありません。背中ニキビの原因は、毎日行っている生活習慣の中の、間違いも一緒に
直していかなければなりません。

例えば、皮脂の分泌が過剰になっているとき、体の清潔を保つためにまめにシャワーを浴びたり、入浴をするのはいいことです。ただし、ニキビがある部分をゴシゴシ洗うのは、洗顔の
場合と同じく刺激が強すぎるので避けましょう。

ただ、背中やボディのニキビは意外に頑固です。ニキビに刺激は禁物といっても、アトピー用の低刺激石鹸などは洗浄力が弱く、過剰な皮脂を落とすことができません。低刺激ではあっ
ても、きちんとした洗浄力があるものを選びましょう。

固形石けんでも、ボディシャンプーでも、形状は問いません。よく泡立てれば、泡の力で皮脂や汚れは十分に落ちます。タオルは摩擦が強い化繊ではなく、天然繊維のものを選んでやさ
しく洗う事です。

石けんで体全体を洗ったあと、マイルドなピーリング効果のある洗浄剤で皮脂分泌の多い胸元と背中だけをさらに洗い、入浴後に「背中ニキビクリーム、ルフィーナ」をつけるよう
にするといいでしょう。


背中ニキビ専用「ルフィーナ」薬用クリームの口コミを見てみましょう。

良い口コミ

お風呂からあがったあとに、全身に塗っています。肌が柔らかくなってきた気がして、使うことが楽しみです。

まだまだ背中ニキビの跡などが薄くなってきたかわかりませんが、肌が柔 らかくなった等の少しずつの変化が嬉しく、使い続けたいです。

使い初めて少ししたら、背中がスベスベしてきてニキビ跡も薄くなってきました。長年ニキビ跡に悩み、諦めかけていたので、すごく嬉しいです。

悪い口コミ

1ヶ月では治らないでしょうから、しばらく継続して使用してみようと思います。

期待して使い始めましたが、今のところまったく効果を感じられていません…新たなニキビもできます。

本当に治したいので、毎日欠かさず使っていますが、3ヶ月続けてみて変わらない ようであれば返金保証も考えています。

毎日つけていますが、今のところ変化が見られず結局今回も期待はずれかなと思い始めています。

あと1ヶ月でよくなってくれるのを願ってます。

広範囲の中でも、一番大きくできていたにきびが、1か月ルフィーナを使用して、小さくなってきている気がします。今まで皮膚科にいっても、塗り薬は出されましたが全く改善しません でした。

ルフィーナは、毎日続けて効果がやっと出始めているので、もう1か月続けて、変化があれば継続したいと思います。

口コミを見てみると、劇的な効果というよりも、じわじわと効果を感じている方が多いようです。即効性を期待している方には向いていないかもしれませんね。

定期コースを始めてご利用される方限定で、初回発送日より120日間の返金保証付きとなっているようですので、試してみてから判断してもいいのかもしれません。

>>>ルフィーナの詳細はこちら

ルフィーナ無添加クリームのこだわり成分は実際に効果はあるの?

さまざまなニキビ用の薬用クリームが存在し、聞いたこともないような成分が含まれている場合が多いのが現状ですが、では「ルフィーナ」に配合されているこだわり成分を見てみまし
ょう。

しっかりと保湿できるように、こだわった8つの保湿成分+ニキビ対策成分2つが配合されています。

まず、美容成分をしっかりとキープしてくれる「シロキクラゲ」を配合しています。世界三大美女・楊貴妃も美容のために食べたといわれるシロキクラゲは、ヒアルロン酸をはるかに凌
ぐ保湿力をもっています。

低分子コラーゲンは、お肌の角質層まで素早く・しっかり届き、乾燥した肌にふっくらとしたハリと潤いを与えます。その他にも、ヒアルロン酸、カモミラ、月桃葉、スターフルーツ、
テンニンカ果実、アマチャヅルなども配合されており、1グラムで、ペットボトル約1本分の保湿効果を実現しています。

変わった成分で成分であれば、スターフルーツ葉には、コラーゲン産生、分解抑制の働きがあるとされています。体内のコラーゲン量を保つことができれば、肌のハリや新陳代謝を正常
にできますし、コラーゲン量を増やすことができれば、シワ、たるみの発生を抑制・遅らせることも考えられます。

また、テンニンカ果実エキスとは、フトモモ科植物のテンニンカの果実から抽出されたエキスです。この成分には、体内の酸化を防ぐ抗酸化物質の産生力を高める機能があり、肌の老化
の原因となる活性酸素を取り除く作用があるといわれています。

また、紫外線による肌のダメージを抑制する効果も期待出来ます。紫外線は、地球温暖化の影響により春・夏・秋・冬と年々増加の傾向にありますが、紫外線から発生した活性酸素を除
去し、DNA損傷抑制作用や人間が本来もっている肌のバリア機能を高める役割を果たします。

テンニンカ果実エキスは紫外線から肌を守る作用が強い為、スキンケア化粧品やファンデーション、サンスクリーン化粧品に配合される成分として広く使用されています。

さらに、ニキビ対策として有効成分2種類が配合されています。それはグリチルリチン酸ジカリウムと水溶性プラセンタエキスというものです。

調べてみると、グリチルリチン酸ジカリウムは、石けん、シャンプー、さらに風邪薬、抗アレルギー薬など、総合的に用いられており、副作用の心配が少ない消炎剤として数十年にわた
って利用されてきている成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムには、抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。すなわち、炎症をおこしたニキビの治療に、効能を発揮するというわけです。

グリチルリチン酸は、抗炎症作用が強いため、赤く炎症が起こったニキビに対して効果を発揮します。医薬品に用いられている成分ですので、高い有効性を持っていることがわかります
ね。しかし、ニキビ予防の効果はありませんので、普段ニキビができにくいという方よりも、ニキビができやすく悪化しやすい方に適した成分だと言えるでしょう。

水溶性プラセンタエキスという成分はどうでしょう?

水溶性プラセンタの水溶性というのは字のごとく「水に溶ける」という意味で、水に溶けるプラセンタという意味です。

水溶性プラセンタエキス(原液)は、お肌に塗ることで、肌を活性化させ、角質をとってくすみがなくなり、肌を美肌・美白に導きます。また、しみを予防する効果があるので、肌が白
く透明感のある肌になります。

以上のように、敏感肌にも安心の無添加処方「ルフィーナ」とうたっていることもあり、成分は非常に厳選して使用されているようです。これなら、長期的にも安心して使用できるでし
ょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする