ファンデーション化粧品とニキビの相性は?

ニキビを化粧で隠したいというのは、女性の自然な心理でしょう。しかし、化粧は肌にとっては毛穴を防ぐ単なる汚れでしかありません。

たとえば、油性のファンデーションは毛穴を詰まらせ、空気中のホコリがそれにくっつき、汗、皮脂と混じり、しつこい汚れとなります。ニキビにとって、不潔な油汚れで毛穴をふせぐ
ことは一番よくないことです。

最近はファンデーションも高機能化して、酸化しにくく毛穴をふさがい処方のものが増えていますが、結局は皮脂と混じり合うと酸化がすすむので、安心はできません。

スポンサーリンク

皮膚が化粧品アレルギー反応を起こすことも?

また、人によっては、皮膚が化粧品アレルギー反応を起こすことがあります。異物反応やアレルギー反応を起こすと、毛穴の周りの皮膚が厚くなり、毛穴を狭くします。そうなると、ニ
キビのできやすい状態になってしまいます。

アレルギー反応が気になる人は一度、皮膚科を訪ね、化粧品のパッケージテストをしてもうことを勧めます。ニキビで悩んでいる方は、「クレンジングできちんと落とせば、化粧をして
もいいですか?」と、思っているかたもいるようです。

しかし、クレンジング正体は油です。ファンデーションを落とすはずのクレンジングが、かえって毛穴を詰まらせてしまう結果になってしまうのです。ですから、ニキビのできている人
は油性のファンデーションは使わず、粉おしろいをつける程度にとどめることです。

そして、口紅やアイシャドーなどのポイントメイクをお勧めします。ところで、化粧品には、メイクアップ用品だけでなく、乳液、栄養クリームなどの基礎化粧品があります。この基礎
化粧品に一部も、ニキビ悪化の原因の誘因になることがあるのです。

本来、私たちの肌は、栄養クリームなどを必要としていません。皮脂膜という薄い脂分で自然に覆われ、空気の乾燥やチリやホコリの刺激から、肌を守ってくれているからです。

しかし、洗顔や、入浴で皮膚の表面を覆っていた皮脂膜を洗い流してしまうと、肌は一時的に丸裸の状態になり、非常に傷付きやすくなります。

それでローションが必要になってくるのですが、あくまでもそれは、自然の皮脂膜ができるまでのピンチヒッターです。ところが、クリーム類をつけすぎると、肌が厚着になり、新陳代
謝の邪魔をしてしまうことになります。肌に過保護は禁物なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。