生野菜サラダのビタミンCを損なう食べ方

ビタミンCには、病原菌への抵抗力を高め、壊れた細胞を修復する作用があり、ニキビとたたかうあなたにとって力強い味方になります。

ビタミンCは、いろいろな野菜や果物に含まれているのですが、ところが、このビタミンCがなかなか上手にとれないのが現状です。

まず、生野菜サラダへの幻想を断つ必要があります。生野菜サラダを食べていると、いかにも体によさそうな気分になってきますし、満腹感もあります。

しかし、成人が一日に必要なビタミンC量を、レタスなどの生野菜だけでとるのは容易なことではありません。例えば、生野菜サラダの常連であるレタスなどには、意外なほどビタミンCが含まれていないのです。

また、最近では、カット野菜といって、あらかじめ刻んだキュウリやレタスやキャベツがパックに入って売られています。ところが、ビタミンCは、刻まれた瞬間からどんどん壊れていきます。

スポンサーリンク

生野菜サラダに含まれる酵素もビタミンCに影響する?

また、同じパックにキュウリ、キャベツなどが入っていると、さらに条件は悪くなります。なぜなら、これらの野菜には、ビタミンCを酸化させるアスコルビン酸オキシダーゼという酵素が含まれているからです。つまり、こうした状況では、何もしないで、置いておくだけでどんどんビタミンCが失われていくわけです。

キャベツなど早くから刻んで盛り付けてある場合がありますが、これも、カット野菜と同じくビタミンCを殺す食べ方といえます。生野菜ジュースもビタミンCを壊してしまうので、あまり効果的とはいえません。

また、ビタミンCは水溶性ビタミンで、名前の通り水に溶けます。そのため、ゆっくり水で洗っていたり、パリッと歯ごたえよくするために、長く水につけておくと、どんどんビタミンCは逃げていってしまいます。

キュウリやレタス、キャベツなどの生で食べる野菜よりも、ビタミンCが豊富な食べ物はたくさんありますから、ビタミンCの摂取という視点では、そちらに食指を伸ばす方が賢明です。

ビタミンCを多く含む食品にはブロッコリー、小松菜、ほうれん草、ピーマン、カリフラワーなどがあります。これらは、弱めに加熱してから食べますから、たくさんの量を食べることができます。

しかも、もともとの含有量が多いので、加熱してある程度ビタミンCが壊れることを計算にいれても、やはり軍配はこれらの加熱して食べる野菜に上がります。

また、ジャガイモやサツマイモは、でんぷんの働きでビタミンCが溶け出るのを防ぐのでより加熱に強い食品といえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする