マッサージや美顔器が「たるみ」につながる注意点!

巷では美顔器がブームのようです。エステへ行くより、自宅での毎日のケアが大事だと考える方が増えているということでしょう。毎日の積み重ねが美肌へとつながるのは確かです。特に流行っているのが、ローラー式の美顔器です。

テレビを見ながらでもお手入れできる手軽さが人気の秘密といわれています。しかし、やり方次第では、毎日の美顔器でのお手入れが逆に肌に負担をかけてしまうということ、ご存知でしょうか?美顔器同様、手で行うマッサージも同じです。

肌への強いマッサージは美容学の理論上、あまりしてはいけないケアです。肌のハリや弾力を保つ真皮層はコラーゲンエラスチンの繊維で構成されています。

はじめはピンと張っているコラーゲンも強いマッサージや刺激を与え続けることでだんだんとハリを失い、結果として「たるみ」につながります。

繊維が細かくクロスしているスポンジをイメージしてみてください。伸び縮み可能なゴムのような繊維が、ピンと張っていることでハリや弾力を保っています。その繊維を強い力で毎日引き伸ばしていたら・・繊維の弾力は緩んでしまいます。

しかも恐ろしいのは、伸びきったゴムが元に戻らないように、繊維も伸びた状態のまま、戻らなくなってしまうのです。この真皮層の繊維のたるみが、肌のたるみであり、毛穴の開きやシワの原因となります。

スポンサーリンク

マッサージは特別な時のみに行うといい

そのうえ、クレンジング剤のような洗浄力の強いものなどでマッサージすると、肌バリアの機能までもが低下して、肌荒れの原因になります。確かにマッサージにはリンパの流れをよくして肌に溜まった老廃物を排出し、瞬時にすっきりと見せる効果があります。

ここぞという場面で使うのはかまいませんが、長い目で見るとやはりおすすめできません。マッサージは定期的ではなく、特別な時にのみ行うようにしましょう。

マッサージ専用のクリームでしたら、肌に残っても問題のない構造になっているので使用しても大丈夫です。目の周りは皮膚が薄く、刺激を受けやすいため、強さに関係なくマッサージは行わないようにしましょう。

では、美顔器を使ったお手入れはできないかというと、そうではありません。LED美顔器などはおすすめです。LEDとは「発光ダイオード」という光を用いた最新鋭の治療方法です。光の波長は肌の内側まで働きかけ、肌の細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促進させます。

コラーゲンが増えて肌にハリが出ることで、シワや毛穴が目立たなくなるといわれています。光を浴びるだけなのでダウンタイム(治療後に顔が腫れたり、赤らんだり、カサブタになったりする期間)もまったくありません。

また、肌のトラブルのもとになる紫外線や熱を含んでいないので肌にやさしく、直接手で肌を触ったり引っ張ったりしないので低刺激。即効性はありませんが、毎日の使用で確実に効果が出ると思います。肌の内側と外側からダブルのケアを行って、美肌効果を倍増させましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。