髪の健康には有酸素運動で新陳代謝を活発にすることが重要!

髪と体の健康にとって、食事とともに大事なのが適度な運動です。運動不足は全身の機能を低下させ、特に心肺機能が弱まれば、血行不良を引き起こして新陳代謝がうまくいかなくなり髪にも悪い影響を与えます。

 

髪と運動がどういう関係にあるのかはなかなかイメージしにくいでしょうが、かなり密接なつながりがあるのです。

 

運動といっても、あまりハードな運動はむしろ良くありません。活性酸素や疲労物質(乳酸など)を蓄積し、かえってマイナスになってしまいます。

 

あくまで自分の体力に応じて毎日安全に行える適度な運動が体にも髪にもいいわけで、例えばウォーキング、水中ウォーキング、水泳、エアロビクス、ダンベル体操、ストレッチングなどがあげられます。

 

いずれも、酸素を体内に取り入れる有酸素運動で、筋肉内に疲労物質を発生させないように運動するため、筋肉が疲労せず、長時間継続して運動できるメリットがあります。

 

また、内臓についた脂肪や皮下脂肪を燃焼させるには、運動を20分以上続けないと効果がありません。その意味でも長く続けられる有酸素運動が有効で、なかでもおすすめなのが、速足で歩くウォーキングです。

 

ウォーキングのいいところは、専用の道具もスペースもいらないで、手軽に始められるところでしょう。通勤や買い物のさいには、できるだけ歩くことを意識するだけで全然違ってきます。

 

ウォーキングを習慣づければ、新陳代謝を活発にする。骨の老化を防ぐ。余計な脂肪を落とす。といた効果が期待できます。

 

血液の循環がよくなり、新陳代謝が活発になることによって、ホルモンの分泌が活発になります。それに伴って、年齢とともに衰えがちな皮膚の皮脂分泌もよくなり、紫外線やスギ花粉から肌を保護したり、皮膚の水分の蒸発を防ぐなどして、潤いのある肌を保ってくれます。

 

皮脂の過剰分泌は脂漏性脱毛症の要因になりますが、ウォーキングで活発になる程度は、正常の範囲ですから心配せずとも大丈夫でしょう。

 

大きく手をふり、速足でさっさと歩くことで、骨周りの筋肉が自然と鍛えられ、骨細胞にも刺激され、骨自体もますます丈夫になります。現代人に多い腰痛にも効果的です。