白髪はできるだけ無添加シャンプー剤を使って洗髪しましょう。

手軽にできて効果が上がる方法として、白髪の上手な洗髪方法があります。白髪の方の髪には、次のような共通した特徴があります。

 

@髪の毛がパサパサしている。白髪は、釣りに使うテグスのようにキラキラと光り、しかもかたくて太いものと、フニャフニャといかにも弱々しく、細いものとに大別されます。しかし、髪がパサついている点では共通しています。

 

Aかゆみがある。たいていの白髪は、頭皮にまで栄養が行き届いていないことから起こるかゆみがあります。

 

Bフケが出る。栄養不足で、頭皮の機能が弱るために、フケが出るのです。また、かゆみのために爪でかいてしまったり、ブラッシングのしずぎで頭皮を痛めた場合にも、フケが出やすくなります。

 

C頭皮が青白い。これも頭皮に栄養が行き届かないためで、異常に青白くなります。脱毛と並行している白髪の場合は、頭皮が浅黒いこともあります。

 

D頭皮がブヨブヨしている。水を含んだ状態になり、頭皮を押すとムズガユかったり、ジーンとした痛みがはしったりします。これも、頭皮が栄養不足になり、痛んでいる証拠です。

 

白髪を治すためには、まず、これらの症状を取り除かなければなりません。それには、洗髪方法を見直すことが重要です。

 

髪を洗うとき、ほとんどの方はなんの疑いもなく、市販のシャンプー剤を使っています。ところがこれは髪にとって決して良いとはいえないのです。白髪予防にはむしろ害になることの方が多い場合が多くあります。

 

というのは、現在市販されている石油系合成シャンプー剤は、汚れ落としを主眼に作らているからです。クリーニングと同じでキレイにするのは良いのですが、髪や頭皮を痛め、髪の寿命を縮めていまう例が多いのです。特に白髪の人は、すでに髪が痛み、頭皮が栄養不足になっていますので、要注意です。

 

ということで、市販のシャンプーもできるだけ、合成香料・着色料、カチオン活性剤、石油系界面活性剤など入っていないものを選んで使用するようにしましょう。

 

どれにしていいか迷う方は>>>雑誌にも掲載!人気の100%天然由来のノンシリコンシャンプーなどもおすすめです。

 

洗い方としては、洗髪には、ぬるめのお湯を使用してください。熱すぎたり、冷たすぎるものは髪にも頭皮にもよくありません。

 

シャンプーを使う前に、お湯で髪をすすぎ、荒汚れを洗い落とします。シャンプーは二度洗いが基本です。所定量のシャンプー剤を手に取り、両手でよく泡立ててから洗います。その際に、髪だけでなく、頭皮を洗う事に主力を注いでください。頭皮は指の腹で洗います。また、髪を洗うときは、髪と髪をきつくこすり合わせないように注意してください。

 

お湯を2〜3杯かけてすすぎます。二回目のシャンプーは一回目の約半分の量を手に取り、同じように洗います。お湯をかけてすすぎます。このとき、シャンプー剤が髪や頭皮に残らないように念入りに行います。シャワーならしっかりと時間をかけて、指の腹を使って頭皮に荒い残しがないようにきれいに落とすことが大切です。