シャンプーの後に使うリンス・トリートメントの危険性は?

髪にツヤやうるおいを与え、髪の毛をしなやかに、クシ通りのよい状態に整えてくれるのが、リンスやトリートメントの働きです。

 

そんな効果からも、マイルドな印象強い毛髪保護製品ですが、これらにもシャンプーの負けない肌や頭皮の刺激となる成分が配合されています。それが、カオチン(陽イオン系)界面活性剤です。

 

カオチン界面活性剤は、親水基に陽イオン(プラスイオン)をもち、新油基に天然油脂をもっています。

 

このプラスイオンがシャンプー後にマイナスに帯電した髪の毛に吸着して、髪にしっとり感やさらさら感など風合いを与え、静電気の発生を防ぎ、滑らかな指通りにしてくれるのです。

 

反面、殺菌力が強く、殺菌消毒剤として使用されています。シャンプーに配合されているアニオン界面活性剤よりも殺菌効果が高く、ヨーロッパでは目的・用途ごとに配合上限が定められているほどです。

 

リンスやトリートメントは「髪の根元や肌にはつけないように」「しっかり洗い流そう」といわれてきました。その理由は、毛髪のみに選択的につけば問題ないのですが、頭皮にも付着し、頭皮や肌があれてしまうからです。

 

カオチン界面活性剤のイオン的吸着は非常に強く残留しやすいため、頭皮や首筋、背中に吸着してタンパク変性を起こし、かゆみや肌荒れの原因になります。

 

刺激を軽減するために、単純にカオチン界面活性剤を配合しないという方法もありますが、それでは本来の毛髪保護機能を果たすことができません。

 

最近の研究により、髪の柔軟効果や保護機能は一切妥協せず、カオチン界面活性剤の刺激を両性界面活性剤で中和して、殺菌消毒効果をなくし、コンディショ二ング効果をだけを残すことに成功しました。

 

研究者の間では「カオチン界面活性剤に泡の出る両性界面活性剤を加えると、物質の安定性が悪くなり、均一にはならないので分離する」とか「クリームのツヤがなくなり、分離を起こして商品にならないので絶対混ぜてはいけない」などといわれてきました。

 

しかし、カオチン界面活性剤であるべヘントリモ二ウムクロリド、ステアルトリモ二ウムクロリドに、両性界面活性剤のラウラミドプロピルべタインを混ぜると安定性がよくなり、均一になってツヤが出て、カチオンの刺激までなくなりました。

 

従来のタブーを、イオン的中和によってクリアしたというわけす。この結果により「洗い流さなくてもいいトリートメント」が可能になったわけです。