硫酸系シャンプーで花粉症やアトピー性皮膚炎の症状悪化も?

硫酸系のシャンプーを使用している人は、花粉症やアトピー性皮膚炎などをひどくしてしまう可能性があるので中止しなければなりません。

 

炎症を起こしやすい肌には2タイプがあります。紫外線、化粧品、洗剤、温度・湿度の変化など、外部からの刺激に反応する「敏感肌」と、ダニ、カビ、金属、化粧品、花粉など、アレルゲンに反応する「アレルギー肌」です。

 

いずれにしても、炎症を起こしやすい肌はバリア機能が弱まっています。肌のバリア機能が低下しているということは、紫外線、アレルゲン、微生物など、外界の刺激を受けやすい状態になっているということです。

 

刺激によって皮膚内部で活性酵素が発生すると非アレルギー性反応が起こり、肌トラブルに直結してしまいます。皮膚のバリア機能を低下させてしまうのは、「硫酸系のシャンプー」です。

 

本来皮膚は、角質細胞の中にある天然保湿因子やセラミドなどによりバリア機能働いており、外からの物質の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。

 

しかし、硫酸系洗浄剤を使うことで皮膚はタンパク変性を起こし、皮膚のバリア機能が弱まってしまいます。すると、外からの異物や刺激が容易に皮膚の中に侵入しやすくなるというわけです。

 

アトピー性皮膚炎と並び、近年、多くの人を悩ませている花粉症もアレルギー性反応のひとつです。花粉症を引き起こすアレルゲンであるスギ花粉などは、目や鼻の粘膜から侵入します。

 

硫酸系のシャンプーを使えば、肌のバリア機能は低下するわけですから、同時に目や鼻の粘膜のバリア機能も弱まっていると考えられます。

 

花粉症で目や鼻がかゆかったり、むずむずしたりすると、少しでも早くシャワーを浴びてさっぱりしたいと思うものですが、そこで硫酸系のシャンプーを使えば元の木阿弥です。

 

さっぱりするのと同時に肌のバリア機能を低下させ、ますます花粉が侵入しやすい状態をつくっているといことになるのです。

 

硫酸系のシャンプーを使用している人は、花粉症やアトピー性皮膚炎などをひどくしてしまう可能性があるので中止しなければなりません。硫酸系洗浄剤を使うことで皮膚はタンパク変性を起こし、皮膚のバリア機能が弱まってしまいます。すると、外からの異物や刺激が容易に皮膚の中に侵入しやすくなるというわけです。