肌荒れにはビタミン類とミネラル類で改善

ある風邪をひいて寝込んだという女性がいました。しかし、その女性は病気で寝込んでいたわりには、顔の肌つやがとてもいいのです。その理由は、熱が高かった2日間は、たっぷりのミネラルウォーターとオレンジジュース、ヨーグルト、うどん、そしてサプリメントでビタミン類とミネラルを類を補給して過ごし、そのあとも5日間ほどは消化のよい食事を控えめにとり、お酒もやめていたところ、驚くほど肌つやがよくなったのです。

今の話から分かることは、水分とビタミン類、ミネラル類をたっぷりとることで肌の老廃物がどんどん流されていきますし、消化のいいものを食べているので、胃腸にまわる血液が肌にまわりますから皮膚の血行もよくなります。また、飲酒による肌荒れも防げます。

とはいえ、いくら肌つやがよくなるといっても、一時的なもので、このままの生活を続けると栄養不足になり、いずれ肌荒れを起こしてしまいます。短期間で肌をきれいにするには、そ
れなりの知識とテクニックが必要です。

スポンサーリンク

肌も臓器の1つ

ニキビにソバカス、シミ、シワ、乾燥肌・・・。皮膚の調子がよくないとき、たいていの人はその悩みを解決するのに皮膚の表面に何かを塗ろうと考えてしまうようです。しかし、ちょっと待ってください。

皮膚も人体の臓器の一つなのです。心臓の具合が悪いといわれた時、あなたは心臓の表面に何か塗って治そうとしますか?肝臓が悪いといわれたとき、肝臓に何か塗って治ると思いますか?腎臓が悪い時は、どうですか?胃が悪い時、眼が悪い時は?

皮膚も、心臓や肝臓、腎臓、胃、眼と同じ人体の臓器の1つです。しかも、皮膚は体重の6分の1を占める人体最大の臓器なのです。ということは、トラブルに対する治療のアプローチは
ほかの臓器の場合と同じはずです。何かを「塗る」という解決法より、はるかに大切な治療があるのです。

人体の臓器をあらゆるケースで順調に保つためには、すべての臓器に共通するセオリーがあります。そのセオリーを知ることなく、肌の表面に何かを塗るだけでは、あなたの肌の悩みは
いつまでたっても解決されません。

「塗る」という方法がいけないといっているのではありません。「塗る」ことの最大の効果を発揮させる、肌の下地、つまりきれいな素肌をつくることが大切なのです。あなたが身につ
けたスキンケアやメイクの技術は、学ぶことで、体の内部からほとばしるようなきれいな肌づくりのセオリーにしっかりと支えられ、はじめて本当の効果を発揮するようになるのです。

肌のための1週間とは?

肌をきれいにしたかったら、食事は控えめ、お酒もあまり飲まない、肌にいいビタミンやミネラルを効果的にとる・・こんな1週間を意識的に作ることです。たった1週間、肌の調子がち
ょっと気になるとき、あるいは長年の悩みをどうにかしたいとき、期間を決めて「肌にいい生活」を送ってみるのです。そうすれば、肌は確実に変わります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。