乾燥肌は1日2回のワセリンでケア

洗顔後に何もつけないと肌がつっぱり、ガサガサ、ザラザラする人、白く粉をふく人は、1日2回の洗顔後にワセリンを塗ります。乾燥肌だからといって、量を多くつける必要ありません。普通肌、混合肌と同様、適量は小豆1/2個分。顔全体が乾燥して、皮膚がめくれ上がっている場合でも、小豆一個分あれば十分です。

洗顔の仕方を見直すことも大切です。乾燥肌の大半は、間違ったスキンケアでつくられた「思い込み乾燥肌」。クレンジング剤や洗顔料、ピーリング剤、その他の基礎化粧品を長年使い続けてきた場合や、マッサージやエステで肌を痛めつづけてきた場合におこります。

まずは洗顔料を使わず、お湯だけで洗う習慣を徹底しましょう。天然の保湿成分が流れ出ないよう、洗顔時間は短めに。その後にワセリンを少量つければ、肌のバリア機能が回復し、乾きにくくなってきます。ダメージがよほどひどい場合を除けば、1ヶ月で改善を実感できるはずです。

ただし化粧品によるスキンケアをやめて、お湯洗顔に変えても、乾燥が気になったり、キメが整いにくい人もいます。食生活の乱れや睡眠不足、運動不足、ストレスなど、さまざまな生活習慣が影響しているのでしょう。

このような人は、ワセリンによるシンプルケアに切り替えることで自分の肌のベストコンディションを知り、それを維持することが大切です。キメが完全に整うことはありませんが、それでも見た目に問題はありません。

アトピー肌の人も同じです。肌断食でアトピーが治るわけではありませんが、余計な刺激を少しでも減らすことが肝心です。化粧品をいっさい使わず、カサつき、かゆみを感じたらワセリンで保護することが、最善のスキンケアなのです。

こする刺激にも弱いので、顔をなるべくさわらず、やさしく扱いましょう。風邪や花粉症の時期のマスクの使用、ティッシュペーパーの多用も肌の刺激となります。

スポンサーリンク

健康な肌はサラサラしている

しっとりツヤツヤした肌に憧れる女性は多いもの。「さわると吸い付くようなもっちり感」というのも、美容業界で人気のキーワードです。

しかし、どれほどの美肌の持ち主でも、何もせずにしっとりツヤツヤになることはありません。手でふれたときに吸い付くなんて、体の状態として不自然です。

本来、人の肌はサラサラ、スベスベしているものです。肌の奥で新たな細胞が作られ、表面で死んだ細胞がはがれ落ちていくのが、肌の基本構造。しっとりしていては、はがれるべきも
のがはがれなくなります。

試しに、二の腕の内側や太ももの皮膚を触ってみてください。何も塗らなくても、サラサラ、スベスベしていませんか?キメが細かく、毛穴も目立たない。これが皮膚本来のあるべき姿
です。

しっとりツヤツヤがもてはやされるのは、CMなどによるすり込みです。乳液や美容液、クリームを塗れば、油分でしっとりしますし、合成ポリマーの効果でツヤ感も出ます。

しかし、皮膚の内部ではタンパク質が溶け、細胞が悲鳴をあげています。洗顔後は何も塗らず、素肌で過ごすのがいちばん。お湯だけで洗顔し、肌本来の保湿成分を落とさないようにす
れば、乾いてつっぱることはありません。

洗顔後に何か塗らずにいられないのは、過激なスキンケアで肌が痛んでいることの現れです。化粧品を何もつけなければ、一日中サラサラの肌で過ごせます。

夕方になっても、額も小鼻もサラサラのまま。ギトギトとベタつくのは、基礎化粧品やファンデーションを塗っているせいなのです。どちらもやめてしまえば、メイク崩れを直すわずら
わしさから解放され、いつでも自信をもって出かけられます。

化粧品のしっとり感に慣れている人には、最初は違和感があるかもしれませんが、続けるうちに、サラサラ、スベスベの素肌感を心地よく感じるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。