女性ホルモンによって、肌は変化していきます

女性は28日の周期で身体や気分が変化します。それは、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌量の変化によるものです。

黄体ホルモンとは生理前に分泌され、皮脂分泌を増やしてニキビやシミをできやすくするホルモンです。生理前に肌が不安定になるのは、そのためです。

この時期のお肌に大切なスキンケアは、「守りのケア」です。まずは、石けんによるダブル洗顔で清潔な肌を保つように心がけましょう。洗顔後はたっぷりの化粧水でしっかりと保湿を
し、乳液やクリームも忘れずにつけてください。

スポンサーリンク

肌をみずみずしくする卵胞ホルモン

黄体ホルモンに対して、生理後に分泌が増え始める卵胞ホルモンには、コラーゲンの生成を促してハリをよくする美肌効果があり、別名「美のホルモン」とも呼ばれています。卵胞ホル
モンが増える時期は、キレイ度がアップする上に、気分も前向きになります。

そんな絶好調の時期だからこそ、「攻めのケア」をしましょう。ホワイト二ングやアンチエイジングなどの積極的なお手入れや、新しい化粧品を試してみてもいいでしょう。この時期に
試して合わなかった化粧品やケアは基本的に自分には向かないと判断できます。

生理周期を一定にして妊娠に向けた身体づくりをする働きのある卵胞ホルモンは、生理の始まる思春期に増え、20~25歳にピークに。その後、30代後半から減り始めます。この頃から、
くすみやシワなどの肌老化が目立つようになっていきます。さらに、閉経を迎える頃には、急激に低下してしまうのです。

できるだけ分泌量を維持するためには、ストレスを溜めない健康的な生活が大切です。また、個人差はありますが、女性ホルモンに似た成分であるイソフラボンや女性ホルモンのバラン
スを整えるビタミンB6の摂取も効果が期待できます。

良質なタンパク質も積極的にとりましょう。美肌を保つためには日々の生活習慣やお手入れでカバーする必要があるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。