春の肌荒れとトラブルは?

心躍る春ですが、実は四季のなかでもっとも肌トラブルが多く、皮膚科が混み始める季節でも
あります。春先は半袖で過ごせる日があるかと思えば、冬のような寒さに戻ったりと、気温や
湿度が安定しません。

角質層の水分や皮脂のバランスが崩れ、肌がベタつく日もあれば、カサつく日も出てきます。
肌のバリア機能が不安定になっているところに、スギ花粉などが追い打ちをかけ、アレルギー
性皮膚炎をおこしてしまうこともあります。

こういうときこそ、スペシャルケアに走るのではなく、シンプルケアをしましょう。やさしく
洗顔して花粉などの汚れを落とし、しっかり保湿し肌のバリア機能を守りましょう。

イベントの多い春は生活リズムも乱れがち、正しい食生活と十分な睡眠を心がけ、体の中から
肌の機能を高めて下さい。

スポンサーリンク

春の時期ごとの美容方法

3月の時期は、天気が安定せず、気温や湿度、紫外線の変化が多い月です。

風が強いので、花粉や砂が空気中に舞っているため、アレルギーを起こすことも。肌にストレスが多くかかるため、今までの化粧水が合わなくなるなどのトラブルが発生することもあります。肌をいたわりながら保湿につとめてください。

4月の時期は急に温かくなってきて、体が気温の変化にもついていけない場合もあります。

体だけでなく、心もその変化についていけず、精神的ストレスから肌あれを起こすこともあります。紫外線が日増しに強くなるこの時期にUVケアを怠ると後々トラブルになることも。

5月の時期は、生活紫外線ともいわれるUVAのピークは、夏ではなく5~6月。

たるみやシワなどの老化を引き起こします。レジャー紫外線といわれるUVBも5月から急増するので、GWのおでかけにはUVケアが欠かせません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。