化粧水が肌にしてくれる役割は?

化粧水の役割は、周知のとおり肌に水分を与えることです。でも、単に水分を与えることだけなら水でもいいはずです。では、なぜ水ではなく化粧水なのでしょうか?

答えは、水だけではすぐに蒸発し、蒸発する際に肌の水分も一緒に奪ってしまうからです。化粧水には、水分をつなぎ止める保湿成分が配合されていて、肌から水分が蒸発するのを防い
でいるのです。

水分と保湿成分が角層に届くと、水分不足で柔軟性がなくなりもろくなった各層が整い、均一になります。つまり、乾燥しがちな肌をうるおし、健やかな状態へと導くことが化粧水の大
きな目的です。乾燥から誘発されるシワ、たるみ、毛穴の開きといったトラブルの予防にも適しています。

近年、さまざまな美容成分が化粧水に配合されています。なかには、美容液と区別がつかないほどのものも。でも、美容成分は、なんでもたくさん肌に入ればいいというものではありま
せん。

必要ない成分を与えても肌を甘やかすだけですから、美容成分は肌悩みをケアする美容液に譲りましょう。ただし、40代以上の方やダメージを受けている肌には、細胞賦活作用(細胞を
活性化させる作用)のある成分をプラスしてある化粧水がおすすめです。

40代以降になると細胞を生み出し、育む力も弱まっていくため、細胞の活性力を引き上げてくれる成分が役に立つのです。

スポンサーリンク

化粧水は手指とコットン、どちらでつける?

化粧水は手でつけるのがいい?それともコットン?この論争はずいぶん長く続いていますが、結局どちらにも軍配が上がっていないため、いまだに迷っている女性も多いのではないでし
ょうか?

この論争での両者の言い分は「コットンだと肌への刺激があるため、手でやさしくのばすのがいい」と「手だとムラになるため、コットンでやさしくのばしてムラなくつけるのがいい」
です。

どちらも間違いではないため、決着がついてこなかったのです。ここで再度、美肌につながるお手入れ方法について考えてみましょう。まず、第一に優先すべきことは、肌に負担となら
ないことです。

お手入れしているつもりで、肌に刺激を与えていては本末転倒です。そうするとやはり、繊維がお肌に与えるコットンは避けたほうがいいでしょう。でも、手指でのばせば負担にならな
いかというと、そんなことはなく、多少の摩擦は起こります。

ではどうしたらいいの?と思うでしょう。実はよい解決方法があるのです。その答えは、ミスト状の化粧水。ふんわり細かいミストを肌にムラなく吹きかけて、あとは手のひらで肌を包
んであげるだけ。これが最も肌に刺激を与えない方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。