毎日のスキンケアで肌が乾燥していく「こすり過ぎ」?

残念なことに、美肌のために行っているお手入れが肌内の潤いを低下させる原因となっていることも少なくありません。肌を乾燥させる間違ったお手入れは大きく分けて二つ、「落とし
過ぎ」と「こすり過ぎ」です。

洗浄力の高すぎるクレンジングは皮脂膜、NMF、細胞間脂質といったうるおい成分まで洗い流してしまいます。また、洗顔時のお湯の温度が高いと、皮脂が溶けて流れ出します。

肌は、寝ている間にある程度うるおい力を回復しますが、洗浄力の強すぎる洗顔剤で過度な洗顔を続けているうちに回復力が追い付かなくなり、常に乾燥している状態になってしまうの
です。

「こすり過ぎ」の代表は、ゴシゴシ荒いです。一生けん命汚れを落とそうとして、つい指に力入っていませんか?各層の厚みはたったの0.02mmです。

少しの摩擦でも傷ついてしまうため、スクラブ洗顔や毛穴パック、ふき取り系のスキンケア、化粧水のパッティング、そして勝手な自己流マッサージです。角層を傷つけてしまうと、肌
内の水分が蒸発しやすくなり、乾燥を招いてしまうのです。

スポンサーリンク

最近増えているインナードライとは?

肌表面には皮脂がたっぷりあり、むしろテカりがちなのに、肌の内部が乾燥している肌状態のことをいいます。実は、肌内部が乾燥すると防御機能が働いて、皮脂を大量に分泌するので
す。

それによって脂性肌だと思い込み、過剰な洗顔といった間違えたお手入れを続けることで、肌内部の乾燥がますます進行します。最近、こうしたインナードライの女性が増加傾向にあり
ます。皮脂が多いと感じたら、肌の奥の乾燥を疑って、保湿ケアを試してみましょう。

また、乾燥した肌にいくら水分を与えても、それを与えてもそれを保持する力がないとすぐに蒸発してしまいます。肌の潤い保持力引き上げるためには、まず石鹸で洗顔し、肌のうるお
い保持力をなるべく流出させないようにします。

化粧水は細胞を活性化させる成分の入ったものを使用してください。そして皮膚常在菌のバランスを整えるお手入れを加えましょう。善玉菌が優勢になれば皮脂膜がつくられ始めるため
、肌表面からの水分の蒸発を防ぐことができます。

コラーゲンやセラミドといった保湿成分を外から与えるという方法も、一時的には効果をもたらします。しかし、乾燥スパイラルを根本的に断ち切ろうとするなら、肌そのもののうるお
い機能を復活させるしかありません。肌のもつ「自らうるおう力」を引き出すスキンケアこそ、長い目でみれば最も効果的なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。