透明感のあるキレイな美肌はキメが細かい?

美しい肌を定義づけると「キメの整った、透明感のある肌」だといえます。では、「キメが整う」とはどういう状態でしょうか?

肌を拡大鏡でのぞくと細かい網目模様の溝が見えます。この溝を「皮溝」(ひこう)と呼び、皮溝によって分けられて盛り上がっている三角形や四角形の部分を「皮丘」(ひきゅう)と
呼びます。

キメが整っている状態というのは、皮溝が細く刻まれていて、皮丘がふっくら規則正しく並んでいる状態のこと。

皮溝が細かいと肌表面の凹凸が目立たず、皮丘がふっくら均一に並んでいると毛穴も目立たないため、肌表面がつるんとなめらかに見えるのです。

また、皮丘が整っていると、光をよく反射するため透明感も生まれます。さらに、キメが整っていると化粧水の浸透もよく、ますます美肌に磨きがかかるうえ、ファンデーションののり
もいいといううれしい効果もついてきます。

スポンサーリンク

キメを整えるには?

キメが乱れる大きな原因は、肌の乾燥と肌への摩擦です。うるおい不足だと皮丘がしぼんで不揃いになってしまい、肌触りがカサカサ、ザラザラに。光の反射も弱るため、くすんだ印象
になってしまいます。

洗顔時やタオルで拭くときにゴシゴシこすることでキメが乱れてしまうこともあります。ふっくら整ったキメのためには保湿をしっかりとして、摩擦を避けるようにしてください。

また、毛穴が開くことでキメが粗くみえたり、ターンオーバーが乱れて未熟な細胞が表面にあらわれることでキメが不揃いになったりもします。

保湿することや摩擦を避けることはもちろんですが、肌全体が健やかになるよう根本的なケアを続けることが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。