年齢と「年齢肌」は比例しない

よく年齢肌とか「年とともに肌が老化する」という表現をします。では、「肌の老化」とは、いったい、どういう変化をいうのでしょうか?肌に弾力があるかどうかは、先ほどお話ししたように、皮下組織と深く関係しています。

肌のハリ以外に、年齢による肌の衰えを直感的に感じる原因として、肌のくすみがあります。年とともに肌が輝きを失い、なんとなくくすんで見えるようになるのには「胚芽細胞」という表皮をつくる細胞の存在が大きく関わっています。

胚芽細胞は、真皮の真上にびっしりと並んでいます。メラニン細胞も同じところにあって、胚芽細胞と一緒に並んでいます。それぞれの細胞の数は、胚芽細胞5~10個につき、メラニン細胞1個の割合です。

スポンサーリンク

皮膚は28日周期で生まれ変わる

皮脂の一番表面にある表皮の構造について考えてみましょう。表皮の下の方では、胚芽細胞が細胞分裂を繰り返して、新しい細胞が生まれています。新しい細胞がどんどん生まれてくるため、古い細胞は次第に上へ、上へと押し上げられていきます。この間に細胞は角化という変化を起こしています。

角化というのは、細胞が自分のなかにケラチンというタンパク質をどんどんつくり、やがてケラチンであふれ返って核もなくなり、丸ごとケラチンに置き換わってしまう状態をいいます。こうした変化は、皮膚の表面を守ろうとして細胞が丈夫なかたちにつくりかえられるために起きています。

こうして皮膚の表面を保護するために変化した細胞が集まって「角質」となります。角質は皮膚表面で外部の刺激から肌を守るバリアの役割を果たしますが、やがて垢となってはがれ落ちていきます。

こうした一連の胚芽細胞の活動、つまり新しい細胞が生まれてから垢となって剥がれ落ちていくまでの期間を「ターンオーバー」といいます。そして、一度ターンオーバーして表皮細胞が入れ替わるのに、普通約28日間かかります。

だいたい、細胞が1個分裂すると角質のうち細胞の1個分が剥がれ落ちると考えてください。このように、皮膚は28日周期で生まれかわっているのです。ところが、加齢とともに胚芽細胞の活動力が次第に失われ、28日周期であったターンオーバーもやがて35~40日周期になっていきます。

つまり、同じ表皮であっても、若い時は28日前にできた細胞であったのが、40歳を超えると、40日も前のものになってしまいます。この差が、肌のくすみとして、見た目にもはっきりととらえられるようになってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。