生理の時期になるとニキビができるのはなぜ?


排卵日の後から生理までのおよそ二週間、女性の体では黄体ホルモンの分泌がどんどん高まっていきます。この黄体ホルモンは、男性ホルモンのような働きをし、皮脂の分泌を高めます

そうなると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビ要注意となるのです。黄体ホルモンの影響は、人によって、生理の前、最中といろいろです。したがって、自分がどの時期にニキビが出やす
いか、生理とニキビの関係をよく知ることが大切です。

とにかく、生理の時期は、体内のホルモンバランスが微妙に変動する次期ですので、肌がニキビに狙われやすくなります。ほかに個人差がありますが、生理前になると、食欲がモリモリわき、甘いものを普段食べない人まで急に食べたくなることがあります。やはりホルモンの影響です。

甘いものを食べると、皮脂の分泌が高まるので、ニキビ要注意となります。女性にとって、生理は避けて通れません。この時期を上手に過ごして、ニキビを悪化させない工夫が必要です。

まず、非常に毛穴が詰まりやすい時期ですから、洗顔はいっそう気をつけ、念入りに行います。また、夜更かしや食生活の乱れなどニキビを悪化させるほかの要因が重ならないように、とくに注意しましょう。

さらに、黄体ホルモンの分泌によって子宮だけでなく胃腸の運動も同時に低下させてしまいます。胃腸の運動が低下して便秘や腸内環境の乱れを起こすことで体のサインとして顎周りや口周りにニキビができてしまいます。

また老廃物が溜まることで血行不良にも陥ってしまい、肌のターンオーバーが不足してしまいます。すると肌の内側で皮脂が溜まり赤ニキビができやすくなります。そのため排卵日以降にできるニキビは白ニキビ、黒ニキビなど初期ニキビはあまりできず、いきなり赤ニキビができるとされます。

また、黄体ホルモンは細胞間に含まれる水分を子宮内に吸収してしまう働きがあります。これによって肌の水分が奪われ乾燥肌に気味になることで角質が古くなり毛穴が塞がることで、アクネ菌が繁殖しニキビができます。

腸内の水分も奪われるため、便も固くなるため便秘にもなりやすくなります。そのため、排卵日には十分に水分を摂取することが望まれるとされます。このように排卵日からニキビができるのは黄体ホルモンの分泌によるものが大きく、治し方もそれに合わせたものが必要となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。