質の良い睡眠をとってニキビや肌荒れを予防しましょう。

寝不足の朝の肌の不調は、誰もが実感することだと思います。実際、睡眠不足は自律神経の乱れにつながり、肌の新陳代謝や免疫力を低下させ、くすみや肌荒れなどの症状を引き起こす
のです。

また、交感神経への刺激によって皮脂の分泌も増えるため、肌荒ればかりでなく、ニキビもできやすくなります。

また、睡眠中に分泌が高まる成長ホルモンは、十分に分泌されないと丈 夫な肌が作られにくくなるだけでなく、老化が進むという研究データもあるのです。

ただ、睡眠の満足度は人それぞれで、5~6時間寝れば十分だという人もいれば、8時間以上寝ないと寝た気がしないという人もいて、睡眠不足の基準がはっきりしません。昔から、睡
眠時間は8時間以上が理想的といわれますが、根拠は定かではありません。

以前に「ニキビのある人は、睡眠時間が7時間以下の人が多い」という調査結果が報告されたこともありました。美肌キープの観点からいえば、7時間以下では睡眠不足となります。

ニキビや肌荒れの予防のためには、可能であれば、7時間以上は眠りたいものです。ちなみに、ニキビができてしまったから、睡眠時間をやおら増やしても、残念ながら、できてしまっ
たニキビや肌荒れはすぐには治りません。しかし、それ以上増やさないための予防にはなります。

人の眠りは、就寝から起床までずっと同じ状態が続くわけではありません。寝入ってしばらくすると、「ノンレム睡眠」という深い眠りに入り、やがて「レム睡眠」という浅い眠りに切
り替わります。

そのサイクルはおよそ90分。これが4~5回繰り返されるのが、睡眠の理想とされ、すっきり目覚められるといわれています。このことも考え合わせると、7~8時間の睡眠で、肌と
体のベストコンディションが保てることになるのです。

ストレスがあると、気分転換に夜更かししてまでも遊んでうさを晴らすということもあるでしょう。ですが、7~8時間の睡眠を確保することが、ニキビや肌荒れの予防にいかに大切か
を知って極力睡眠に時間を回すという努力もおしまないで欲しいものです。

ただ、なかには、寝つきが悪かったり、気がかりなことがあって不眠症傾向となり、眠りたいのに眠れないというジレンマを抱えている人もいるでしょう。ベッドの中で悶々と過ごす時
間は大変なストレスですし、十分な睡眠時間が得られないのは、心身にとっても大変キツイことです。

深刻な不眠症で悩んでいる人や、夜更かしの習慣が抜けずに生活のリズムが狂ってしまった人は、軽い睡眠薬を処方してもらう方法もあります。一度、医師によく相談してみましょう。

また、どうしても時間の確保が無理という人は、睡眠の質にこだわりましょう。少しでも早く、心地よく眠りにつくために睡眠環境を改善してみてください。意外に効果的です。

1)暗めの照明で眠りを誘いましょう。2)足元を温めましょう。3)寝る直前の視覚刺激を避けましょう。4)寝室の湿度と温度に気をつける。5)空腹または満腹状態でベッドに入
らないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。