水と油の仲介役「界面活性剤」

メイクなどの油溶性の汚れは、水では落とせません。油のついたお皿を水洗いしても落ちないのと同じで水と油は混ざりあわないからです。ではなぜ洗剤や洗顔剤を使うと油溶性の汚れ
が落ちるのでしょう?そこでの立役者は界面活性剤です。

界面活性剤とは、水と油を結びつける機能をもった物質のことです。例えば、マヨネーズも界面活性剤なくしてはつくれません。本来待剤合わないお酢(水分)と油が混ざりあっている
のは、卵黄に含まれるレシチンという天然の界面活性剤のなせる技です。

レシチン以外にもグリセリンや脂肪酸、しょ糖といった天然の界面活性剤が、チョコレート、アイスクリーム、マーガリンなどに使われています。また、乳液やクリームといった化粧品
、軟膏などの医薬品にもさまざまな界面活性剤が使用されているのです。

スポンサーリンク

界面活性剤の働き

界面活性剤が汚れを落とす仕組みは次の通りです。洗顔剤に含まれる界面活性剤はマッチ棒のような形だと思ってください。このマッチ棒は頭部分(親水基)が水になじみやすく、棒(
親油基)の部分が油になじみやすい性質をもっています。

そして、水中では、マッチ棒の頭を外側にしながら球状になる性質をもっています。この球のことをミセルといいます。肌に油溶性の汚れは棒側にくっつき、ミセルのなかに包まれるこ
とになるのです。

一方、ミセルの外側は親水基で水と結びつきやすいため、すすぎ水と一緒に流れていってしまいます。このとき、汚れはミセルに包まれた状態で、肌に戻ることもありません。こうして
肌の汚れが落ちていくのです。

泡にも汚れを落とす作用がある

汚れを落とすのが界面活性剤だとすれば、よくいわれている「泡で汚れを落とす」という表現は間違い?いいえ、泡には汚れを落とす手助けをしています。

食器洗い洗剤をスポンジで泡立ててから洗うと油汚れが素早く落ち、泡がなくなると汚れが落ちなくなるということは、誰もが経験しているはずです。

洗顔剤をダイレクトに使うより泡立てたほうがいいのは、汚れを吸着する面が増えるから。同じ量の汚れを落とす場合、泡立てたほうが少ない洗顔剤で済むのです。また、泡に麦飯石や
炭といった吸着成分が含まれていれば、汚れを落とす力はさらに高まります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。