どんなお菓子がニキビを悪化させてしまうの?

ニキビの引き金になる食べ物には、肉や油、バターに代表される脂肪や、砂糖や小麦粉などの糖質がありますが、その中でも特にニキビによくないのが、脂肪と糖質がくっついたもので、チョコレート、ケーキ、ドーナツなどのお菓子類がこれに当たります。

糖質や脂肪は、筋肉などの細胞で使われるエネルギー源であり、本来、私たちの体に必要なものです。食べた分と消化される分のバランスが取れている分には問題はありません。

ところが、消費しきれないほど糖質や脂質を取り、肝臓に蓄積される許容量を超えてしまうと、皮脂の分泌を高めることになり、ニキビの原因になってしまいます。

また、ニキビの原因になるニキビ桿菌というバイ菌は、この皮脂が大好物です。皮脂が毛穴に中に詰まっていると、皮脂をエサにしてバイ菌がどんどん増えていき、ニキビをどんどんひどくしてしまいます。

お菓子がニキビに悪いもう一つの理由には食べ過ぎ、つまりオーバーカロリーになりやすいという点があります。「おいしいからつい手が出てしまう」という人が男女を問わずたくさんいらっしゃるでしょう。

カウチポテト族という言葉がありますが、ベットの脇にポテトチップスの袋を置き、ビデオを観ながら一晩で全部食べてしまうという患者さんがよくいます。このように、嗜好性の強い食べ物は、つい食べ過ぎ、ニキビの原因になりますので、気を付けてください。

また、お菓子を食べながらお酒を飲むというのは、アルコールが毛細血管を拡張させ、皮脂の分泌を盛んにしますから、ニキビにとって非常に悪い組み合わせです。ほかに、夜更かしを
して夜食に甘いお菓子を食べる、お菓子といっしょに砂糖入りのコーヒーを飲むなどもニキビにとっては非常に悪い組み合わせです。

アルコールの飲み過ぎは体の免疫力を低下させ、毛細血管を開かせます。こうなると皮脂腺は活発になります。また、胃の働きも低下するので、食べ物の毒素が十分に解毒されないまま、大腸に運ばれてしまい、血液の汚れにつながります。

夜遅くまで起きてお菓子を食べる、お菓子と一緒にコーヒーやアルコールを飲むなどニキビにとって最悪の生活なのです。

ニキビ改善には、植物性脂と野菜中心の食生活をこころがけ、果実を多く摂取しましょう。新鮮な野菜や果物にはビタミンとミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、体の中から綺麗になれます。老廃物を除去することでニキビをカラダの内側から治すことができるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする