なぜ便秘と腸内環境はニキビと関係があるの?


なぜ、便秘がニキビによくないか。その理由は二つあります。一つには便秘によって皮脂の分泌が高まることがあげられます。


私たちの体には脂に溶ける物質の排泄ルートが二つあり、一つが便で一つが皮脂です。その一方が便秘で滞っているのですから、残りのもう一方のルートから一生懸命に老廃物や刺激物を排泄しようとするため、皮脂の分泌が高まります。皮脂の分泌が盛んになれば、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビのトラブルのもとになってしまうのです。


便秘がニキビによくないもう一つの理由は、便秘によって有害な物質が体内にたまってしまうことです体内に有害な物質が増えれば、それが皮脂腺からも分泌されていくことのなるのです。私たちの消化器官は、一本の長い管になっています。


私達が食べたものは、この管の中を消化吸収されながら流れていき、この過程で必要なものは吸収され、いらないものは排泄されていきます。ところが便秘になって、長い時間、腸の中に老廃物や刺激物がとどまっていると、腐敗や酸化が起こります。


そして、本来、出ていくべき有毒刺激物が腸の中にたまり、濃度が高くなると、私たちの体は再びこれを取り込んでしまいます。こうして、有毒刺激物質は体内をめぐり、皮脂腺からも分泌され、肌のトラブルの原因となるのです。


ですから、ニキビで悩んでいる人たちは、便秘対策に真剣に取り組む必要があります。まずは、適度な運動や体操を行い、規則正しい食生活を心がけましょう。また、朝、目が覚めたらコップを二、三杯の白湯や、ぬるめの牛乳をコップ一杯飲むようにしてください。


これらの習慣は大腸の蠕動運動を活発にするのに役立ちます。朝、ギリギリまで寝ていて、朝食をとらずに家を飛び出したり、自己流のダイエットを続けるというのは、便秘を招く原因になりますか当然のことながら、ニキビにもよくありません。


生活習慣を変えることは容易でないかもしれませんが、本当にニキビを治そうと思うなら、それは絶対に必要なことなのです。


さらにいえば、ニキビの要因ともなっている活性酸素は便秘から発生することもあるというこもわかっています。便秘状態に陥っている腸内環境は、悪玉菌の勢力がまさっている状態です。


この悪玉菌こそが活性酸素を生み出す要因となっているのです。腸内環境が悪化すると同時に悪玉菌の数も増えていき、ますます活性酸素からできるニキビがお肌に現れてしまいます。


ですから、悪玉菌をやっつけてくれる善玉菌を増やしていかなければなりません。善玉菌はヨーグルトやチーズなど発酵食品に多く含まれているので積極的に摂取するように心がけましょう。

それが難しかったら、サプリメントなどから摂るといいでしょう。>>>[S]★半額★10倍★お茶プレゼント付★初回送料無料★6袋で1袋プレゼント★話題の活きたまま腸まで届く乳酸菌・酒粕・食物繊維で腸内フローラを元気に!酒粕配合サプリ!★楽天ランキング1位★【栄養機能食品】すっきり小粒 1袋 30粒入※すっきり小粒初回限定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。