メラニン色素を「シミ」に変えないスキンケア方法は?

メラニン色素を「シミ」に変えないスキンケア方法は?

メラニン細胞は、紫外線による刺激を受けるとメラニン色素を作り、細胞の外へ放出します。いったんメラニン細胞から放りだされたメラニン色素は、その後、胚芽細胞の中に取り込まれ、胚芽細胞とともにターンオーバーによって表皮の上の方へだんだん押し上げられていきます。これが、紫外線を浴びると肌が黒くなるメカニズムです。

肌荒れにはビタミン類とミネラル類で改善

肌荒れにはビタミン類とミネラル類で改善

ある風邪をひいて寝込んだという女性がいました。しかし、その女性は病気で寝込んでいたわりには、顔の肌つやがとてもいいのです。その理由は、熱が高かった2日間は、たっぷりのミネラルウォーターとオレンジジュース、ヨーグルト、うどん、そしてサプリメントでビタミン類とミネラルを類を補給して過ごし、そのあとも5日間ほどは消化のよい食事を控えめにとり、お酒もやめていたところ、驚くほど肌つやがよくなったのです。

乾燥肌は1日2回のワセリンでケア

乾燥肌は1日2回のワセリンでケア

まずは洗顔料を使わず、お湯だけで洗う習慣を徹底しましょう。天然の保湿成分が流れ出ないよう、洗顔時間は短めに。その後にワセリンを少量つければ、肌のバリア機能が回復し、乾きにくくなってきます。ダメージがよほどひどい場合を除けば、1ヶ月で改善を実感できるはずです。